.
About
Blog
Contact
Bookmark
Sitemap
Home
イラストレーション課題 (1) の感想と反省 | Mr.mozarts

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>






Archives
Categories
MUSIC (46)
DESIGN (15)
TRASH (6)
DESSIN (5)
MOVIE (3)
RECOMMEND (4)
OTHER (28)
Search
スポンサーサイト
2013.06.28 [ - ] この記事へ comments trackbacks

一定期間更新がないため広告を表示しています



イラストレーション課題 (1) の感想と反省
2008.05.11 [ DESIGN ] この記事へ comments trackbacks

今回も、いつになく異常な長さなので目次を付けます。
題目をクリックで、その記事にジャンプしますマリオ

イラストレーション課題 (1) の感想と反省
 ├課題のテーマ
 ├自分が思う課題のポイント
 ├自分の作品
 ├課題に対する考え方
 ├アプローチの仕方 (反省含む)
 ├先生からの講評・アドバイス
 └クラスメートの作品について

実践中ミッション (rssで情報操作、バイトの件)
予定しているミッション (障がい児との触れ合い)
最近、反省していること。
ブログの在り方を見つめ直す。




イラストレーション課題 (1) の感想と反省

課題名 「旅!日本へ。」


課題のテーマ
外国の若者に 「日本に行きたい!」 と
思わせるようなイラストレーションを描く。


自分が思う課題のポイント
・旅行会社からの依頼という設定である
・ターゲットは "外国" の "若者"
・デジタル処理以外であれば、画材は自由


自分の作品



課題に対する考え方
イメージを描写または反映するだけでは 「日本を紹介すること」 を目的としたイラストレーションになってしまう。今回は、旅させるために 「日本へ行きたい!と思わせるよう働きかけること」 が目的。"動機付けるための表現" が必要。


アプローチの仕方
ターゲット(外国の若者) の研究をしてから、
モチーフ(日本) の研究をした方が効率が良い。
研究方法は、ネットのアンケート調査を利用する。

(1) 「外人の日本に対するイメージ」 を調べる。
外人目線の 「日本」 をアイディアのベースとする。
(私たち日本人の日本感覚を推すには、
その感覚の理由を説明できるだけの表現力が必要。
自分は絵が下手なので、無難にやり易い方
=外人目線、で作業を進めていった。)

「外人の日本に対するイメージ」 の結果は、
伝統文化⇔ハイテク文化という両極なイメージ。
このイメージをアイディアベースとして、
次は具体的なコンセプトを決める。

(2) 「世代別の旅行目的ランキング」 を調べる。
若者世代だけに特出している旅行目的を拾い上げ、
それをコンセプトキーワードにする。

全ての世代に共通する目的は、「観光」と「食」
若者にだけランクインしていた項目は「ショッピング」
この違いを生かすことで、ターゲットを攻める。
そのためコンセプトのキーワードを 「ショッピング」 とする。

(3) 「伝統文化 × ハイテク文化 + ショッピング」
  この公式のひとつの応用例として。

"武者 (=伝統文化) が、
電子機器 (=ハイテク文化) の入った、
買い物袋 (=ショッピング) を抱えて、
帰り道であろう竹林を歩いている。"


このイメージを紙に描き落とすことにした。
ところが、察しの通り現物は違うものになった。
という訳で、ここからは反省っていうか言い訳。

(4) 「絵が描けない〜」 という言い訳。
当初の予定から排除されている部分は、
描けなくて (描こうとしなくて) 排除した部分。
つまり、竹林や電子機器などがそれ。

その後遺症とは、
・コンセプト自体が崩れてしまっていること。
 電子機器で表現していた「ハイテク文化」が排除され、
 「伝統文化 + ショッピング」になってしまったため。

・日本を説明する情報が少なくなってしまったこと。
・結果、分かりにくい絵になってしまったこと。
・せっかくの調査も意味をなさない結果になったこと。

唯一の救いは、
怠けた シンプルになったお陰で、
絵がシンボライズされインパクトが出たこと。
と言いたいけど、絵が下手なため、
画面に対して絵を小さく描いてしまい
シンプルさが与える利点を見事に殺してしまった。

そもそも、真面目に考え過ぎていて面白くない。
建設的な取り組み方だったとは思うんだけど、
もっと楽しみながら取り組むことも大事だと思った。

この結果は、自分はweb・DTPがやりたいから、
という中途半端な思いでやった酬いだと思う。
デキる人は何でも自分なりにきっちりやるものだ。反省。
(とは言え、次回の課題もオール手書きだなんて_| ̄|○)


先生からの講評・アドバイス
・いっぱいリサーチしてきて凄いね、みたいなこと。
・計算された色使いが良い。(黒朱=日本、原色=外国)
・ここまで調べて考えてきたのに、勿体ない。
 →日本を説明するための情報を増やす一例として、
  買い物袋の中に現代日本を象徴するものを入れるとか。

   →このアドバイスに対する自分の感想:
    電子機器を入れる予定だったが、そちらの方が
    見る側は面白いかもしれない。良いと思う。


目次に戻る ▲


クラスメートの作品について(一部)

 
この作品の "動機付けるための表現" とは、
・これでもか!という程の情報量とインパクト
・外人の若者のことを考えた着眼の良さ
 →日本アニメらしい描き方をした女の子など。
  日本に興味のある若者外人の多くは、
  良くも悪くもオタク文化に興味があるらしい。

・構図や絵の完成度の高さ。

知識・センス・画力・努力、彼はどれもウワテだった。
背景のピンクも、"萌え〜なネオ日本" という感じがして
雰囲気がよく出ていると思う。さすが池田クオリティ。


 
この作品は渋くて格好良いが、最初はスルーしてしまった。
だけど、外国の若者目線で見ると、とてもアツい作品なのだ。
作者のホリジュン曰く、"北日本の雪を求めてやってくる
外国の若者" が急増しているとのこと。
ターゲットに対してリアルタイムで有効なネタ。
しかも今回の設定では、旅行会社がクライアント。
旅行会社としてもこのネタは、やり易いだろうと思う。
商業的にみて、強い!と感じた作品だ。

背景は、耐水性スプレーの上に水性絵の具を重ねたそう。
臨場感がよく表現されていて面白い技術だと思った。
また、こうやって技術開発している点に感心した。










全体の感想
・表現力や技術は、さすがである。
・商業的に構成された絵より、
 一方的に感覚を押売りした絵が多い。
・悲しいことにイラストは特に、まずは見た目。
 表現力が無いってすごく勿体ない、致命傷である。
・知識の勝利、技術の勝利、努力の勝利、攻め方は様々。




実践中ミッション - rssで情報操作、バイトの件

(書き込み中)

目次に戻る ▲




予定している実践ミッション - 障がい児との触れ合い

(書き込み中)

目次に戻る ▲




最近、反省していること。

「末っ子気質」 と称して 「甘え」 と 「わがまま」 が混同してきていること、「末っ子」 を利用して彼や家族を思いやらないこと。合理的に考えた上で行動したつもりが、自己中心的に合理的であったこと。自分の尺の中だけで測った 「気遣い」 であったこと。偽善者だという意識が無いこと。

目次に戻る ▲




ブログの在り方を見つめ直す。

ブログを誰彼構わず、紹介する機会があれば紹介しているのは、(バイト先であるデザイン事務所の社長さんにも紹介しています。) そこにある文章やその書き方から、私そのものや、歴史や、考え方などが詰まっているため、私を知ってもらうのに効率の良い方法だから。見てもらうことで他人に対する心のつっかえ棒というか、変な気後れや気遣いが取れる一番の方法でもあるから。

なのでこれからも、自分の日常と感情を並べてその日を保存する 「アルバム」 ではなくて、そこに自分の考えがあってリアルタイムに成長し続ける 「分析ノート」 でありたい。

また、「2005年から続けている」は、意外とインパクトがある。時間に比例してその効果は増えるので、趣味・習慣としてブログを持続していきたい。

目次に戻る ▲



スポンサーサイト
2013.06.28 [ - ] この記事へ comments trackbacks



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

コメント
コメントする

名前:

URL:

Cookieに登録

« prev / next »

Blog Link

お友達ブログやアート・デザイン関係のブログを紹介します。

life Macrobiotic of affluence
建築とお気に入りのモノをめぐる
ひとりよがりなひとり絵ごと
STEAMSHIP : 汽船
que-quuのブログ
ココカラハジマル
レトロイズム
ブラブログ

靴ひも
pingmag
Key Person Q
Design Walker




New Entries


Recent Comments

  • 改・私はスポンジになりたい (作品紹介+日記)
    たら (11/25)
  • 改・私はスポンジになりたい (作品紹介+日記)
    kankun (06/29)
  • 改・私はスポンジになりたい (作品紹介+日記)
    たら (12/06)
  • 改・私はスポンジになりたい (作品紹介+日記)
    (12/04)
  • 本格始動!デザイン事務所でバイト
    たら (05/06)
  • 本格始動!デザイン事務所でバイト
    seigo (05/04)
  • 本格始動!デザイン事務所でバイト
    tala (05/04)
  • 出会いとか、トトロの森とか、マネーセンスとか。
    たら (05/04)
  • 本格始動!デザイン事務所でバイト
    boss (05/02)
  • 出会いとか、トトロの森とか、マネーセンスとか。
    たえこ (04/29)




Popular Art Event

東京のアート・デザイン展ガイドTOKYO ART BEATによる、最も人気なイベントBEST10!



関西のイベント情報はKANSAI ART BEATからチェックしよう。

東京アートビート

  RSS1.0 / ATOM0.3
▲ページの一番上に戻る
© 2006 JUGEM Some Rights Reserved. SHINOBI AD:GMO