.
About
Blog
Contact
Bookmark
Sitemap
Home
作品/気遣うプレゼン力/意図的に生きる | Mr.mozarts

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>






Archives
Categories
MUSIC (46)
DESIGN (15)
TRASH (6)
DESSIN (5)
MOVIE (3)
RECOMMEND (4)
OTHER (28)
Search
スポンサーサイト
2013.06.28 [ - ] この記事へ comments trackbacks

一定期間更新がないため広告を表示しています



作品/気遣うプレゼン力/意図的に生きる
2008.02.21 [ DESIGN ] この記事へ comments trackbacks

 │
 ├ [ファッション] 最終課題・問題定義
 ├ 「線」にハマった2007年、「色」にハマる2008年。
 ├ [立体構成] 基礎形態プリントのファイリング
 ├ 気遣うプレゼン力を身につける。
 ├ 意図的に生きる。
 ├ [住空間] グループ課題 「モバイル住宅」
 ├ [平面構成] グループ課題 「アナログゲーム」
 └ 再確認、そしてこれから。








ファッション : 最終課題 「問題定義」
前に載せた 第3回目 「イメージと発想」 と同じで、
実物は作らずボードのみの平面勝負。よかった…!

今回の 「問題定義」 という課題は、地球問題から私事問題まで
気になる問題を自分なりに解決して衣服に表現していくもの。
解決策によっては服がプロダクトっぽくなったりして面白い。

■提出作品 : プレゼンボード B4×4ページ(蛇腹式)

※プレゼンボード全体図 (qa03.gif-約78KB)



■アプローチの仕方を振り返る。

1. 問題を設ける。
ファッションと全く関係の無い所から攻めていった方が
面白くなりそうだな、という直感を元に考え始める。
そこですぐに、社会に出る前に解決しとくべき問題を発見。
→遅刻・欠席しない為にはどうしたら良いか。
原因は自分にあるので解決し易いと思い、即決!


2. 解決策を出す。
大元の原因は「責任感の無さ」だと思う。
だけど、もっと実践的な解決策を提案したかったので
"どうして遅刻・欠席してしまうのか" を紙に書き出して
具体的な策を追求。そして、書き出したメモの中から
ファッションへ繋げ易そうなキーワードを拾って行った。


3. 衣服に繋げる。
服自体は物凄くつまらない事に。FD志望じゃないから
エディトリアルで勝負を、なんて言い訳をしながら。
とりあえず、つなぎにポケットが増えただけ!みたいな。
ファッションデザインはやっつけ仕事に近かったと思う。


4. ボードをレイアウトする。
"遅刻・欠席" から 「1日の流れ」 を表現しようと思い、
ボードのイントロは、線を利用して流れるような構成に。
「切符」が「課題」に変換され、改札内の小さな世界は動き出す。
ちなみに途中のビルは桑沢。特徴的な形をしていて面白い。




こんな感じで今回は4位(ポイント順3位)/50人、自己タイ。
プレゼンの反応は、過程に身に覚えがあるのかウケが良く
ボードを面白がりつつ耳を傾けてくれたのが嬉しかったペコちゃん

専攻分けされる2学年からはVDを志望している為、
ファッションの授業はこれで最後。全4課題を修了!

(1) シーンチングという安っぽい布で作る「帽子
(2) "裁縫" 以外の方法でパーツを接合する「ベスト
(3) イメージと発想 (平面プレゼンテーションのみ)
(4) 問題定義 (平面プレゼンテーションのみ)

実物を作った前半戦とボードのみで平面一本勝負な後半戦。
このポイント差が酷い。スコアを見ると、前半は ほぼ無票Σ
後半のポイントだけであの総合順位は、ある意味嬉しい。
(正確な総合順位はまだ不明。)


目次に戻る ▲





「線」にハマった2007年、「色」にハマる2008年。


服部一成 「視覚伝達」展、いしかわかずはる 「Dear friends,」展より
線の造形美、機能美に魅せられた2007年。
空を見上げると電線の重なりに、
部屋を掃除するとコードの絡まりに美しさを感じた。
とにかく線の美に注目。それは作品にも影響した。
相性の良さを感じるので、もっと線をいじってみたい。



Anisa Suthayalai 「AIGA」、自前のワンピース (→プーペで紹介)
2008年は「色」、それも「カラフル」にハマりそう。
デザインだけでなく服装にも取り入れていきたい。
"ださいカラフル" (安い子供服によくある色使い)
のイメージがあって、どうも抵抗感があったカラフル。
意識して「アーティスティックなカラフル」に触れていきたい。


目次に戻る ▲





立体構成 : 基礎形態プリントのファイリング


大きな課題の合間に出されるミニ課題 「基礎形態プリント」
合計13枚をファイリング (製本化) するという課題。

自分の場合は上図の通り、立体的に遊んでみた。
本屋へリサーチをしに行った先で見た仕掛け絵本の
「ページを分列して、上下で自立させる」 といった構造。
これを応用して1:5の段差を作り、1に値する谷側へ
「立体オブジェクトを置く」 という構造にしてみた。

表紙の右下にはタイトル 「30forms」 を、
背表紙の右下には名前を、プチプチと穴を開けて書く。
制作途中の段階で、表紙だけでなく背表紙にも窓を入れて
タイトル代わりに立体オブジェクトを見せる事にした。
※実物写真は作品が返された時に載せる予定。

▼気になったクラスメイトの作品 (クリックで拡大)

(左) 金具で開閉、紙の重なりが綺麗。 (右) 布で製本化!


(左) ビニールの摩擦を利用して開閉。 (右) 可愛いタブ付き。


目次に戻る ▲





気遣うプレゼン力を身につける。

この一年で何が成長したか。
→ 「人前で喋る状況」 を割り切れる様になった。

場数を踏むと、自分のプレゼンスタイルが掴めきて
余裕が生まれてくる。それが "慣れ" の感覚なんだと思う。
そしてプレゼンの基本は、基礎を固めておく事。
内容をよく理解して頭の中で図式が描けるように。

技術は全然甘いけど、「伝えるプレゼン」に慣れて来た。
そこで、「気遣いのプレゼン」も意識していければと思う。

相手の表情を見て、状況に合わせた喋りが出来るように。
それにプラスして、要求箇所を汲み取る気遣い。
相手も要求内容を100%伝えきれていない事があるので、
要求内容のその先まで自分がカバーできる冷静さ。

攻め込むことに必死だったけど、
攻めと引きのバランスが大事なんだと知った。

それと、プレゼンが上手な人って丁寧に言葉を使う。
噛み砕した表現と適切な熟語を上手に入れてくる。
話す時は文節を区切ることなく、文のリズムが心地良い。
逆に下手だなーと思うのは、
小難しい熟語やカタカナ語を並べて学者気分の人。
レポートじゃないんだから…脳が無いなぁ、と感じる。
表現の学校に来てるなら余計に工夫すべきだと思う。


目次に戻る ▲





意図的に生きてみる。

最近ハッとさせられた言葉 「意図的に生きる」
格好良い台詞。この一言だけで啓発させられる。
だけど、言い方をちょっと格好良くしてるだけで、
啓蒙思想の結論 "要は自分次第" と言ってる事は同じ。
ただ、"意図的に" って表現は上手いな!と思った。

久々にだいすきな成功哲学ネタだけど、
今年に入ってから "感謝癖" が薄れている。
去年は初めての事だらけで謙虚な姿勢が保たれていた。
東京通い2年目で調子に乗らないように、反省しなきゃ。


目次に戻る ▲





住空間 : グループ課題 「モバイル住宅」


ポップアップ絵本から想起したモバイル住宅。
ページをめくる毎に用途の変わる空間が作れたら、
と提案した事から始まり、長い紆余曲折を経て
コンセプトも変化し、スタイリッシュなモバ住が完成!


肩に掛けて持ち運べ、身長が低い人でも楽な設計。
地上でこの取っ手を引っ張ると家がポップアップする。


始めは 「折りたたみ式ポップアップ住宅」 で2階建てだった。


合同プレゼンで気になった作品は 「音で作るモバイル住宅」
ヘッドホンで聞く音からは一人の空間が生まれ、
DJが鳴らす音からは大勢の空間が生まれる。という訳で、
プレゼンでは皆に音楽を聞いてもらう事で空間を生み出し
それをモバイル住宅としたグループがあった。うーん…!


目次に戻る ▲





平面構成 : グループ課題 「アナログゲーム」


内容も凝ってるけど、モノの完成度もかなり高かった。
左の写真のグループはセンスの良い本格的なCMも制作キラキラ
このクラスの作品は、全体的にクールで知的な印象だった。


天秤と重りを使った新しい形のゲームも。
勿論この天秤も手作りらしい?インテリアにもばっちり。
右はチョコレートのブロックとチェス風ボードゲームを使い
立体と平面で楽しむ新型ボードゲーム 「Cacaomas」 の説明書。
落ち着いた感じのメニュー風レイアウトで丁寧な仕上がり。


この課題は、リアルに「会社」として組織化され動いていった。
制作初期には、企画書をクライアント(先生)に提出したりも。


ちなみに、自分が社長となって (しまって) 率いた CHUMPA! が
クラス内コンペで優勝し (ちゃっ) た。先生も皆もびっくり。笑
そこで、なんで優勝し (てしまっ) たのか振り返ってみる。

コンペは私たち生徒自身による投票制なので、
本当に皆が冷静にジャッジして出した結果なのか際どい。
ノリの良さを買って直感的に入れた友情票もあると思う。

だけど、このクラスは頭脳戦の静的なゲームが多かった為
単純明快で自然と盛り上がる CHUMPA! が
変に際立っていたのかもしれない。

加えて、他と比べるとビジュアルは確かに劣っていたけど
「やってみたい!」 と思わせる点は優れていた。
ゲームにとってこれは最高の褒め言葉だと思うので、
素直に喜んで皆に感謝したいと思う。


目次に戻る ▲





濤の一年を終え、課題の無い休暇が未だに馴染めない
手帳が黒い時期ほど、休日は生き生きしてました。
なんだか日々、駄目人間へと劣化していく心地でいやだりらっくま的なくま
やる事はあるのに、腰が1tあって動けません。あー。
出来る人との大きな違いは、脳じゃなくて腰の軽さ。


再確認、そしてこれから。

桑沢で一年、ファッションや粘土に木彫りに住空間など
いろんな事をやってきて再確認できた事がある。

グラフィックというよりはプレゼンボードのように、
文章の固まりやその内容から関連を持たせて
平面構成していく事が好きなんだという事。
やっぱり自分は、ウェブかエディトリアルがやりたい。

・お金を稼ぐ
・和食屋のオフィシャルサイト制作
・個人ポートフォリオサイトの制作、ドメイン取得
・自分の名刺を用意する
・ウェブデザイン系の会社リサーチ
・エディトリアルデザイン系の会社リサーチ

目次に戻る ▲



スポンサーサイト
2013.06.28 [ - ] この記事へ comments trackbacks



トラックバック

この記事のトラックバックURL:

コメント

たらちゃん、こんにちは★

意図的に生きるってことは大切だよね〜。
たらちゃんはいつも研究熱心だし、プレゼンボードのまとめ方がすごい上手だと思います。
私はあんまり考えるってことをしない方だから、いつも参考にしています:)
意図的に生きるっていうのは結構難しいのだけど、人間はそれを頭では出来ないらしい。
全ては体が知っていて、あるべき方に吸い寄せられてしまうものなんだと、深澤直人さんが言ってたよ。
これってプロダクトデザイナーならではの視線だなぁなんて思いました。
でも、人生って短いし意図的に生きれたらすごく毎日が充実するよね。
人間だからそれってなかなか出来ないんだけど。

ではでは、春休みを満喫しようね〜★
突然、お邪魔しました!

琴子 | 2008/03/01 10:04 AM

琴ちゃん

お返事遅くなってごめんちゃい。
この前は、琴ちゃんの美声が聞けて良かった!
本当にもう何でも出来るんだなこのコはっ。
と心の中で何度か呟きました。
クラス替えやだぁ〜

琴ちゃんに誉められると、先生に誉められてるみたいで嬉しい!ありがとう^^ 琴ちゃんは、考え方 (アプローチの仕方) が良いなぁと思います。同時に、知識があるんだなと感心しています。喋りが上手なのもあるけど…!とにかく、どの教科でも質の良い作品を作っていて、琴ちゃんはバランスの良いマルチプレイヤーだと思う、というか本当にセンスが良いからこその結果だよね。こんな感じで、ボスが言う様にたらは琴ちゃんを超リスペクトしてるんで笑、これからも勝手に学ばさせて貰う★

深澤さんの言葉、抽象的できちんと解釈し切れてないんだけど、ぼやーっと理解は出来るなぁ。頭の中で何かを意図しようとしていること自体、体があるべき方に向かう為にさせた感覚的な行為だし。プロダクトデザインも、緻密に計算された物よりも、必要とされて生まれた物こそ美しかったり効率が良かったり… あるべき方に吸い寄せられて、、うーん!

意図的に生きることは確かに難しそうだね!
「意図的に生きること」 を意識して生きる、
正確にはこうなのかもしれないね(**)

なんだか話がすっごい難しいわー笑
でも琴ちゃんが言う通り本当に、
それが実行出来たら平坦な日々は充実していくと思う。

展示会とポートフォリオページ、楽しみにしてるよー!!

たら | 2008/03/15 12:22 PM

コメントする

名前:

URL:

Cookieに登録

« prev / next »

Blog Link

お友達ブログやアート・デザイン関係のブログを紹介します。

life Macrobiotic of affluence
建築とお気に入りのモノをめぐる
ひとりよがりなひとり絵ごと
STEAMSHIP : 汽船
que-quuのブログ
ココカラハジマル
レトロイズム
ブラブログ

靴ひも
pingmag
Key Person Q
Design Walker




New Entries


Recent Comments

  • 改・私はスポンジになりたい (作品紹介+日記)
    たら (11/25)
  • 改・私はスポンジになりたい (作品紹介+日記)
    kankun (06/29)
  • 改・私はスポンジになりたい (作品紹介+日記)
    たら (12/06)
  • 改・私はスポンジになりたい (作品紹介+日記)
    (12/04)
  • 本格始動!デザイン事務所でバイト
    たら (05/06)
  • 本格始動!デザイン事務所でバイト
    seigo (05/04)
  • 本格始動!デザイン事務所でバイト
    tala (05/04)
  • 出会いとか、トトロの森とか、マネーセンスとか。
    たら (05/04)
  • 本格始動!デザイン事務所でバイト
    boss (05/02)
  • 出会いとか、トトロの森とか、マネーセンスとか。
    たえこ (04/29)




Popular Art Event

東京のアート・デザイン展ガイドTOKYO ART BEATによる、最も人気なイベントBEST10!



関西のイベント情報はKANSAI ART BEATからチェックしよう。

東京アートビート

  RSS1.0 / ATOM0.3
▲ページの一番上に戻る
© 2006 JUGEM Some Rights Reserved. SHINOBI AD:GMO